飛蚊症(ひぶんしょう)とは、明るい所や白い壁、青空などを見つめたとき、目の前に小さな「浮遊物」が飛んでいるように見える症状を言います。浮遊物は、視線を動かすと一緒に移動してくるように見え、まばたきをしても目をこすっても消えず、暗いところに行くと気にならなくなります。この浮遊物の正体は、眼球にある硝子体の濁りです。濁りの影が明るい所を見たとき網膜に映り、眼球の動きとともに揺れ動き、浮遊物のように見えるというわけ。では、なぜ濁りが生じるのか。その理由として、生理的なものと病的なものがあり、そのうち生理的なものの原因となっているのが、活性酸素です。活性酸素は、紫外線が網膜を通して目に入ってくることで硝子体内に発生します。その結果、タンパク質や脂質が酸化し、やがて硝子体の組織を変質させて濁りとなって、飛蚊症が生じるのです。若いときは、活性酸素を分解する酵素が分泌されて酸化を防いでくれます。でも、加齢とともに、この酵素の分泌量は減少します。そのため、組織の酸化を抑えきれず、飛蚊症が発生するようになるわけです。近年は、生活環境の変化などで若い人でも飛蚊症になる人が増加しています。このような飛蚊症の対策としては、活性酸素を発生させる原因となる紫外線をなるべく目に入れないようにすることです。具体的な方法としては、外出時にはサングラスをする、テレビやパソコンの画面を見る時間を短くするなど、体内で活性酸素を発生させないようにしましょうー